3月にオススメの薬湯を調べてみました。

もともと入浴には宗教的な「禊ぎ」(みそぎ)の要素があり、香りの強い植物で邪気を払う風習がありました。
端午の節供の「菖蒲湯」や冬至の「柚子湯」のように、年中行事や季節の節目に「薬湯」に入るのもそのためなんだそうです。

また、薬湯は特別な日だけのものではなく、四季折々の楽しみ方があります。基本的にはそのときに盛りを迎える植物を使います。
3月のオススメ薬湯は「よもぎ湯」だそうで、よもぎやよもぎの仲間は、邪気を払う植物として古くから世界各地で用いられてきました。そういえば、邪気を払うと言われている植物って、みんなすっごい香りが強いですよね^^;よもぎ湯って、どんな香りなんだろう・・・。
よもぎを乾燥させたものや、煮だしたものを使って薬湯にしてみるのも良さそうですね。今度挑戦してみたいと思います♪

コメントを残す